2019/01/15(tue)女の子は大切な存在である!

Master of the column

みなさん、こんにちは。
単独男性として20年を超える経験を元に
現在はAvantiのマスターをしている中井貴プルーンです。

今回は、カウンター内側からみる
単独女性がハプバーを楽しむ方法です。

もし、貴女が人に言えない性癖や願望や欲求があるのなら、
是非1人でハプニングバー行ってみてほしいです。

日常では味わえない事や話ずらい事などを
もっとオープンになって話せるはずです。

もちろん女性は、ほぼ無料でいられるので時間つぶしでも
見学程度でも良いと思います。

一言でいうなら、ハプニングバーとは

「女性の理想が叶う場所」

だからです。

お店に入ったからといって
必ず何かをしないといけないという事はありません。
もちろん女性側からコミニケーションを取れれば気軽に動いてもらえるとおもいますが、
なかなか女性側から率先して話しかけに行ける場面も少ないとおもいます。
まずは、店員スタッフとのコミニケーションをとってから動くと
安全で楽しめる展開になってきます。

何をしたいのか
どこまでできるのか
タイプはどんな男性か

希望に沿わない場面になると
必ずスタッフが空気を変えに登場してくれます。

スッタフは女性に何かをさせるためにいる存在ではなく、
次回も来店してもらえるように、
女性の味方を常にする存在です。

(女性に来てもらえないと、お店は立ち行かなくなってしまいます。)
困った事や、日常の相談、生活の愚痴もお聞きします。

見学だけとは言え男性1人で行く場合とはまったく正反対で、
男性からガンガンに話しかけられるとおもいます。
もちろんチヤホヤされる事も多く、
それを楽しむ事もアリですが、
興味が無い男性からのアプローチも有る事は
ある程度は頭に置いておいてください。

そんな時にもスタッフをうまく利用してください。
スッタフの存在をうまく使い切ることが、
ハプニングバーで女性が楽しむための方法です。

もちろん初めての人は不安もあるかもしれませんが、
女性優先。女性の夢を叶える場所であるハプニングバーです。
不安がらずにぜひお越しください。

困る事があればスタッフに言う、すぐ退店するなど逃げ道はいっぱいあります。

みなさん、
素晴らしいハプニングを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました