2019/01/23(wed)女性にとっての言い訳の空間である為に。

Master of the column

みなさん、こんにちは。
単独男性として20年を超える経験を元に
現在はAvantiのマスターをしている中井貴プルーンです。

うちのようなお店は女性に対して強制的に何かをさせると思われがちです。
出会いの場を演出するために、男性に対して強引に席移動をお願いしたり、
女性に話しかけるように促すことはよくあります。

しかし、女性には必ず選択肢がある事しかお願いしないようにしています。
「コスプレを着るか、着ないかの選択肢」「少しエッチなゲームをするか、しないかの選択肢」「縄を受けるか、受けないかの選択肢」Avantiではどんな場面でも2つ以上の選択肢があるものしかお願いをしません。

皆さんに知っておいていただきたい事の一つに、ご来店いただくお客様には明確な身分制度が存在するという事があります。
最上位からならべていくと、

1.単独女性
2.カップル女性
3.カップル男性

ここまでは拒否権を持ち、自分が叶えたい事は身分制度の下位の者へ伝える事ができる身分です。4.の単独男性とは最下層に位置し、拒否権を有しません。
自分より上位にある者を楽しませ、特に最上位にいる単独女性の望みに対して絶対に拒否をしてはいけないという暗黙のルールが存在する事を知っておいてください。

この厳しい環境の中で、女性と仲良くなり自分の希望を叶える事は不可能な事のように感じてしまいますが、実は、男性が女性を口説く場面にこの「選択肢を与える」という行為はすごく大きな効果をもたらしてくれます。

女性とは普段の生活では決定権を与えられ慣れていない方が多く、選択をする事はあっても内容を決める事が苦手であるのを念頭に声をかけてみましょう。そう、女性は選択は得意なのです。

男性側が女性に選択権を与える事は、女性に安心感を感じてもらえる上に、好意的な反応をしてもらいやすくなります。一方的な決めつけや強引さで話を進めるのではなく、
非日常空間であるからこそ、女性が言い訳や選択しやすい会話内容を心がけましょう。

当店にお越しの女性はみなさんが女王さまであり、お嬢さまなのです。

みなさん、
素晴らしいハプニングを!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました