Avantiというお店への想い。

Master of the column

みなさん、こんにちは。
単独男性として20年を超える経験を元に
現在はAvantiのマスターをしている中井貴プルーンです。

オープンから二年と少しが経ち
Avantiにもファンや常連さんと呼ばれる
又は自称(笑)する方々が増え始め、毎日楽しい営業をさせていただいています。

お客様との会話では「落ち着くお店」「楽しいお店」と評価をいただく反面、

ネットでは「やれない店」「自由がない店」とご批判を受ける事も多くなってきました。

お店のファンが増えたせいか、
Avantiというお店に対しての想いをお客様から
お聞きする場面が増えてきているのですが、
その実、自分自身のお店への想いを語る事が
ほとんどなくなってしまっています。
今日は、少し私のお店への想いを語らせていただきます。

Avantiをオープンさせようと考えたきっかけについて。理由は単純なのですが、ハプニングバーが一般化し過ぎたことです。

20年以上前、私がハプニングバーを知った頃、
この非現実空間はもっともっとアンダーグラウンドな世界でした。

「えぇぇぇ!そんな性癖ってあるの?」
「なにそれ?そんなプレイを自分も試してみたい!」
「何?このおっさんめちゃめちゃオモロいなぁ。」

文字で書き表すことのできない世界が目の前で毎日起こっていました。
外の世界ではまじめに生きているであろう人達が、こじらせた性癖を地下の非現実空間で爆発させている、そんな楽しく恐ろしい空間だったんです。

そう、簡単にいうなら現在の「性欲」を解消するだけの場所ではなく「性癖」を爆発させる空間。

Avantiが進んで行きたい方向は、
モラルハザードを推進する非現実空間

SM・複数プレイ・緊縛・露出プレイ等
セクシービデオの影響もあり、
地上に上がってしまったたくさんの性癖も含めて、
エロいことなら何でも楽しむの精神で
新しい性癖の解消法をお客様といっしょに探っていきたいです。

最後の行為だけに固執せず、
人前でコスプレをしたい性癖も性的な悩みの解消も性的趣向の一致するパートナーを見つけたいという希望もエロ楽しいことを一緒にワイワイとやっていきたいです。

誰もあなたの性癖にひくことはないのがAvantiです。怖がらずに一度、Avantiにきてみて下さい。
悩みが消えてしまうかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました